qrcode


ねこのあくび

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2008.10.23 Thursday | - | - |

突然の訪問者 つづき
14:12
JUGEMテーマ:小説/詩


突然の訪問者 つづき

チュータくんは腰を抜かして驚いています。

チュータ「今、ここの住人は留守ですよぉっ!」
震えながらそう言うと、

ゴリラ「じゃあ、君は何者ですか?」
チュータ「通りすがりの物もらいです」
ゴリラ「・・・泥棒ですか?」
チュータ「いいえっ!ちゃんと黙認してもらってます!」
ゴリラ「・・よく分からないですね・・ところで、このタワシ買ってくれませんか?」

ゴリラのおじさんは恐い顔に似合わず、おとなしい性格でした。
大きなカバンを開いて、タワシの山をチュータくんに見せました。

チュータ「これを全部売らないといけないんですか?」
ゴリラ「はい・・でもちっとも売れなくて」
チュータ「タワシって、今、使う人少ないんじゃない?
     もっと売れそうなものを売ればいいのに」
ゴリラ「売れそうなものって?・・・なんか焦げくさいですよ?」


つづく

| 2008.05.22 Thursday | - | - |

突然の訪問者
14:02
JUGEMテーマ:小説/詩


ねこのまち  つづき

突然の訪問者

「ごめんくださ〜い。誰か居られませんか〜?」
猫のアイカちゃんの家の前に、大きなボストンバッグを持ったゴリラのおじさんが立っています。

身体が大きいので、皆恐がって、ドアを開けてくれないので、
ゴリラのおじさんのセールスは業績が伸び悩みです。

今日、アイカちゃんの一家は、1週間分の食料の買い出しにスーパーマーケットへ行っていて留守なのですが、
ネズミのチュータくんが、いつものように台所へおかずをもらいに来ていました。
チュータくんは、秘密の抜け穴からやって来るので、玄関から入ったことがありません。

ドアのチャイムが鳴ったので、アイカちゃん一家が帰って来たのかと思って、
うっかりドアを開けてしまいました。

チュータ「はいは〜い!早かったねぇ。
     ボクの好きな厚切りチーズも買ってきてくれた?^^」

意気揚々とドアの外を見ると、恐そうなゴリラのおじさんが、のっそりと立っています。
思わず、目が点になったチュータくん。そぉ〜っとドアを閉めようとしましたが、
ゴリラおじさんの左足がさっとドアの間に入ってきて、こじ開けられてしまいました。

つづく



| 2008.05.22 Thursday | - | - |

登校 つづき
13:49
JUGEMテーマ:創作日記


ねこのまち 登校 つづき

お姉ちゃん「お兄ちゃんはアイカに甘いんだから」
アイカ「お姉ちゃん、妬いてるの?
    お兄ちゃんはお姉ちゃんにも優しいよ。昨日宿題見てもらってたじゃない」
お姉ちゃん「アイカの宿題も手伝ってもらったでしょ」
アイカ「あ、そうだった。お兄ちゃん、今度、お兄ちゃんが困った時は、
    アイカが助けてあげるからね」
お兄ちゃん「サンキュ」
お姉ちゃん「アイカに助けられることなんてないんじゃないの?なんちゃって」
アイカ「もぉ〜、お姉ちゃんのイジワル」
お姉ちゃん「ゴメンゴメン。姉妹なんだから仲良くしよ。ね?」
お兄ちゃん「ボクも入れてよ^^」
アイカ「もちろん、お兄ちゃんも大好きだよ!^^」

優しく微笑み合いながら歩く3匹でした。

つづく

| 2008.05.22 Thursday | - | - |