qrcode


ねこのあくび
<< 突然の訪問者 つづき | main | お日様に願う猫 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2008.10.23 Thursday | - | - |

突然の訪問者 続きの続き
14:30
JUGEMテーマ:日記・一般


突然の訪問者 続きの 続き

チュータ「え?あっ、ホットケーキ焼いてたの忘れてた!大変だ〜!」
チュータくんは慌てて台所へ駆け込んでいきました。

しばらくして、お皿の上に、半面焦げたホットケーキをのせてやってきました。

チュータ「よかったら食べる?ボクお腹すいちゃって〜」
目の前にどんと置かれた大きなホットケーキを見て、ゴリラはぼそっとつぶやきました。

ゴリラ「・・ホットケーキを作って売ったら、誰か買ってくれるでしょうか?」
チュータ「お菓子を作るのが得意なら、
     ケーキやクッキーや菓子パンの方が、よく売れると思うよ。
     かわいいエプロン着てさ」

ゴリラはチュータくんの作ったホットケーキをひとくちつまんで食べると、
ゴリラ「これよりもう少し美味しく作れます」と、目を輝かせました。

チュータ「今日は焦がしちゃってイマイチなんだよ!
     でも、がんばって作ってみなよ。ボク、お金がある時は買いに行くからさ」
ゴリラ「ありがとうございます。たまにでいいですよ^^」
    よぉ〜し、がんばるぞ〜!」

ゴリラのおじさんは、やる気満々で帰ってゆきました。

一ヵ月後、ゴリラのおじさんは公園の片隅で、菓子パンのお店を始めました。
フリルのついた可愛いエプロンを着て、パンを並べています。
焼きたてパンのいい匂いにつられて、すぐにお客さんの行列ができました。
その行列の中には、チュータくんとアイカちゃん一家の笑顔がありました。

| 2008.05.22 Thursday | - | - |

スポンサーサイト

| 2008.10.23 Thursday | - | - |